独学で合格! アロマテラピー検定

検定の例題 (1級問題、アロマテラピーに関する法律)

 アロマテラピー行為について(社)日本アロマ環境協会が法律的に正しいとするものを1つ選びなさい。

  A) 診断して精油を販売する
  B) サービス行為として行う
  C) 医療マッサージとして行う
  D) 精油を利用して治療を行う

 (アロマテラピー検定テキスト1級 例題集より引用)



 「アロマテラピーに関係する法律」の問題です。(1級)
 おそらく、この法律が1級の中でもっともとっつきにくい分野でしょう。

 ですが、心配する必要はまったくありません。
 たったの5ページです(笑)

 法律というと、それだけで難しく感じてしまう方も多いのですが、言葉が難しいだけで、言っていることはしごく当たり前のことが多いのです。

 たとえば、医者でもない人に、「あなたは胃ガンの疑いがあります。この薬を飲めば治りますよ」などと言われたらどうですか?
 うっかり信じてしまったら、適切な処置を受ける機会を逃してしまうかもしれません。
 ですので、医師法という法律で、国家資格を持った医師だけが診断や治療を行えるように限定しているわけです。

 また、薬の知識がまったくない素人が自宅で作ったようなクスリをインターネットで売られたらどうですか?
 知識もない上に不衛生な場所で作られたりしたら、健康被害がでるのは目にみえていますよね。
 国は国民の健康を守る義務がありますので、薬事法という法律で、医薬品の輸入や製造に規制をかけているわけです。

 このように、なぜこの法律が存在するのか、その理由を考えると、法律というのはかんたんに理解できます。後はテキストを読むだけです。5ページだけですから。


 ちなみに、上記問題の正解は、「 B) サービス行為として行う 」です。

 余談ですが、問題文に「(社)日本アロマ環境協会が法律的に正しいとするものを」とわざわざことわり書きが入っているのはなぜでしょう?

 アロマテラピーは日本では医療行為として認められていませんが、欧州では医療行為として認めている国もあります。
 また、日本でも、医療従事者を中心にアロマを積極的に医療に活用していくべきとする団体もあります。

 ですので、このことわり書きを入れておかないと、問題文として成立しないのです。

このサイトは アロマテラピーショップ夢香房 が運営しています。

アロマテラピー検定テキスト1級 (改訂版)  アロマテラピー検定テキスト2級 (改訂版)  アロマテラピー検定試験合格のための問題集  アロマテラピー入門セット 検定1級対応  アロマテラピー入門セット 検定2級対応

アロマテラピー検定 5点セット  アロマテラピー検定 4点セット  アロマテラピー検定 1級セット  アロマテラピー検定 2級セット

--

検定の例題 (1級問題、アロマテラピーに関する法律) 

検定の例題 (2級問題、精油のプロフィール その1)
例題と解説 (2級問題、精油のプロフィール その1)
検定の例題 (2級問題、精油のプロフィール その2)
例題と解説 (2級問題、精油のプロフィール その2)
検定の例題 (2級問題、アロマテラピーのある暮らし)
例題と解説 (2級問題、アロマテラピーのある暮らし)
検定の例題 (2級問題、アロマテラピーの歴史)
例題と解説 (2級問題、アロマテラピーの歴史)
検定の例題 (1級問題、アロマテラピーの楽しみ方)
例題と解説 (1級問題、アロマテラピーの楽しみ方)
検定の例題 (1級問題、精油のプロフィール)
例題の解説 (1級問題、精油のプロフィール)
検定の例題 (1級問題、アロマテラピーのメカニズムと健康学)
例題と解説 (1級問題、アロマテラピーのメカニズムと健康学)