独学で合格! アロマテラピー検定

テキストにはじまり、テキストに終わる

アロマテラピー検定の学習においてもっとも重要なもの、それは検定テキストです。

アロマテラピー検定の問題は、すべて検定テキストから出題されますので、この検定テキストを読み込むことが、学習の基本になります。

参考書の類は一切必要ありません。
問題集はあればベターですが、なくても問題ありません。

2級と1級のテキストの2冊を用意し、いつでも手にとれる場所に置いてください。
ここからが学習のスタートです。


この、「いつでも手にとれる場所」というのは、実は重要なポイントです。
専用の勉強机で毎日きっちり1時間勉強しよう、というのは、以外と続かないものです。

若いころと違って、30代40代50代になってくると、記憶力も鈍ってきます。
今日覚えたことの7割くらいは、明日には忘れます(笑)
だから、「アレ、何だっけ?」と思ったときに、いつでも手にとって確認することが大切なのです。

例えば、私の場合は勉強するときにはいつもダイニングテーブルを使います。
この場所は食事をとる場所でもあり、子供が勉強する場所でもあります。

テーブルのわきに置いた棚の上に、筆記用具やよく読む本を置くようにしていますが、こうするといやでも目につきますし、気になったときにすぐに手にとることができます。

皆さんにもそういった場所があると思います。


テキストは、1回読めば全体の概要がつかめます。
3回から4回読めば、おおよその内容は頭に残ることでしょう。

もちろん、一字一句丸暗記する必要はなく、例えば、5大栄養素はアレとアレとアレだな、とか、善玉コレステロールがHDLで悪玉がLDLだったな、とか、そういったことは、ほぼ記憶できていると思います。

もちろん、難しい箇所は5回でも6回でも読み込む必要がありますし、場合によっては、紙に書き出して覚えたほうが定着しやすいでしょう。
マーカーで印をつけていくのも、いい方法です。


基本は、なんといってもテキストを読み込む。
そして、文章の流れの中で、キーワードやその意味を理解していく。

それがもっとも重要であり、検定学習の核と言えます。

このサイトは アロマテラピーショップ夢香房 が運営しています。

アロマテラピー検定テキスト1級 (改訂版)  アロマテラピー検定テキスト2級 (改訂版)  アロマテラピー検定試験合格のための問題集  アロマテラピー入門セット 検定1級対応  アロマテラピー入門セット 検定2級対応

アロマテラピー検定 5点セット  アロマテラピー検定 4点セット  アロマテラピー検定 1級セット  アロマテラピー検定 2級セット

--

テキストにはじまり、テキストに終わる 

アロマテラピー検定は独学で合格できますか?
もちろん独学で合格できるのです!
「読んで記憶する」ということ
テキストを読んで記憶するコツとは?
例題の重要性について
例題は出題者からの大切なメッセージなのです