独学で合格! アロマテラピー検定

「読んで記憶する」ということ

私は、「テキストを読み込むこと」、「読んで記憶すること」を強くおすすめします。

人によっては、きれいにノートにまとめたり、暗記カードを使う方もいらっしゃるでしょう。
それはそれでいいのですが、私はそういった方法は学習の中盤以降で真価を発揮するもので、最初からやるのは時間の無駄だと考えています。

なぜなら、ノートを使ったり、カードを使ったりするのは、覚えにくいものに限ったほうが効率がいいからです。
なんでもかんでも紙に書き出すのは、時間がかかります。

学習の序盤は、とにかくテキストを読む。
これが肝心です。


読んで記憶するためには、2つのコツがあります。

1つは、キーワードに着目すること。
もう1つは、誰かに教えてあげるつもりで読むことです。


分かりにくいでしょうから、例をあげます。

精油のプロフィールの「ミルラ」の部分には、以下のような説明があります。
(アロマテラピー検定テキスト1級より引用)

ミルラは古代の世界で広く使用されました。
古代エジプト人は優れた殺菌作用を利用し、ミルラをミイラ作りに使用しました。
「新約聖書」のイエス・キリスト生誕物語の中で、乳香とともに捧げられた香りとして有名です。
ミルラは気分を落ち着かせ、精神を研ぎ澄ます作用があると言われています。



まず、キーワードに着目してみますと、

 ・古代エジプト人  殺菌  ミイラ作り

 ・「新約聖書」  イエス・キリスト  乳香とともに捧げられた

 ・気分を落ち着かせ、精神を研ぎ覚ます

このあたりになりますね。

一字一句覚える必要はないわけですから、「殺菌、ミイラ」といったように、キーワード的な言葉を中心に覚えていくと、覚えやすくなります。


また、記憶というのは、人に教えるとものすごく定着します。

ですので、「友人」でも「自分の子供」でもいいのですが、心の中に身近な誰かをイメージして、その人に(自慢するつもりで)教えてあげるようにするといいのです。

 「ねぇ、ミルラっていう精油知ってる?」
 「知ってるよ、ミルラでしょ。殺菌作用があるから、昔、エジプト人がミイラ作りに使ってたんだよ」
 「へぇ〜」


といった具合です。

心の中でこうしたやりとりを行うと、記憶の定着度はぐっと高まります。
人に教えるという行為は、自分がしっかり理解していないとできない行為だからです。

こういった方法は、寝室で目を閉じた後でもできますので、いい復習にもなります。
なかなか思い出せないときは、あとでテキストを読みなおしましょう。


こうした方法で3〜4回テキストを読み込めば、多くの部分は覚えることができていると思います。

もちろん、それでも足りない箇所が出てきますので、そのときに紙に書きだしたり、一覧表を作ったりして覚えるようにしましょう。

まずは、テキストを読むことが大事です。

このサイトは アロマテラピーショップ夢香房 が運営しています。

アロマテラピー検定テキスト1級 (改訂版)  アロマテラピー検定テキスト2級 (改訂版)  アロマテラピー検定試験合格のための問題集  アロマテラピー入門セット 検定1級対応  アロマテラピー入門セット 検定2級対応

アロマテラピー検定 5点セット  アロマテラピー検定 4点セット  アロマテラピー検定 1級セット  アロマテラピー検定 2級セット

--

「読んで記憶する」ということ 

アロマテラピー検定は独学で合格できますか?
もちろん独学で合格できるのです!
テキストにはじまり、テキストに終わる
勉強の中心は常にテキスト(教科書)です。
例題の重要性について
例題は出題者からの大切なメッセージなのです